FXのデイトレードを行ううえで大切なことは、「時期を見定めること」です。

デイトレとは言え、一日中ひっきりなしに取り引きを行っていくわけではなく、「勝てる」と見込めるタイミングを狙って集中的に取り引きを繰り返して利益を得る方法が一般的です。

比較的短期間で取引を繰り返して利益を確保(利確)することになるため、「pips」「スプレッド」などを意識しなければいけません。
pipsとは、分かりやすく言えば「共通単位」なのですが、証券業者によって表示桁数に違いがあるので勘違いしないように注意する必要があります。

チャートを眺めながら「いずれかに変動する可能性が高い」と感じられるタイミングが来たら、その方向へ変動した際に利益を生み出せるポジションをセットします。

たとえば、「上がる」と読んだ場合は「買い」で入り、相場が上昇した後に売却すれば利益を生むことができます。逆の場合は「売り(空売り)」で入り、相場が下降した後に清算をすれば利益を生むことができます。

その際、「テクニカル分析」などをおこなうことで予測の精度が上昇します。また、特に重要なことは「利確」と「損切り」の判断です。

デイトレをするなら知っておきたいFXと株の違い

「投資」や「デイトレード」の対象となるものの代表格といえば、FXのほかに「株」があります。

いずれも相場の変動を利用して利益を獲得することを目標としているものですが、一日単位での変動幅には比較的大きな違いがあります。
どちらか一方のみが極端に変動しやすいということではないものの、平均的に株式相場のほうが大きく変動する可能性があります。

また、FXのように世界各国の経済状況が影響して変動する相場と違い、基本的には日本国内の経済事情によって変動する相場であることから「予測しやすい」こともメリットです。

ただ、株式投資に関しては「証拠金なり」でしか取引を行うことができません。つまり、1万円の資本がある人は1万円までの銘柄を購入することができますが、1円でも超える場合は購入することができません。これに対してFXの場合は、「レバレッジ」という概念が存在しているので1万円以上の取り引きを行うこともできます。

レバレッジは会社によって設定が異なるものの、25倍程度まで設定されていることが多いです。

つまり、1万円の資金力で25万円の取引を行うことができるということです。

初めてのFXデイトレの手法

初心者に人気のFX会社

初心者に人気のFX会社として注目を集めることになるのは多くの場合、キャッシュバックキャンペーンなどを大々的に行っている業者になる場合が少なくありません。

初心者の場合にはFXに関する詳しい知識を持っているわけではありませんので口座開設に当たって取引可能な通貨ペアの豊富さやスプレッドの大きさなどトレードに関する重要な部分に目を向けるケースばかりではないと言えるでしょう。それよりもむしろわかりやすい形でメリットを感じる様々なキャンペーンの方に注目しがちであると言えます。

初心者に人気のFX会社が必ずしもFXを行う上でメリットが無いというわけではありませんが、特に手数料に当たる部分と言えるスプレッドの扱い方について注目をするなどの姿勢は取り扱いのある証券会社等の比較をするに当たっても需要なものであると言えるでしょう。

注文単位についても一万通貨単位が基本ではありますが、稀に少ない資金でも運用が出来るように、少ない場合で千通貨単位のトレードが出来るFX業者もあります。

もしも目的が明確になっているのであれば、最初の段階でしっかりと調べておくほうが良いでしょう。